住宅を借りる時にチェックすべき事項は?内装は?水回りは?住宅購入、リホームの時にも使える知識を伝授

賃貸住宅も!新築住宅も!失敗しない部屋選び!

トラブル 家を買う時 部屋を借りる

雨漏り

投稿日:

住んでいる人にも、貸している人にも災難

雨漏りは、住んでいる方はもちろん、貸している方にも災難です。

特に鉄筋コンクリートの建物はどこから水が入ってくるかわかりません。

いつどんな状態で雨漏りにがおこるのはわかりません。

建物の場合

鉄筋コンクリートの場合は、壁にクラック(割れ目)が入り、その割れ目に雨が入りこで長い時間を掛けて雨水の通る道ができます。

外側のスリットに注入された防水シールが切れて、同じように雨が入りこで長い時間を掛けて雨水の通る道ができます。

それは、本当に目立たなく時間をかけて雨漏りを起こします。

貸す方も借りる方も予期せぬできごとです。

雨漏りすることは予期できませんが、借りる方は雨漏りしにくい部屋を選ぶことができます。

それは、普通の形をした建物で、普通の形をした部屋を選ぶこと。

外観が歪であったり、部屋が歪であったりする部屋は選ばない。

わかりずらいかもしれませんが、このように斜面がある場所は壁でもあり、屋根でもあります。

そして、その斜めという特性で建築時は鉄筋が複雑に施されています。

よほど、コンクリートをうつ時に上手くやらないと、砂と砂利が分離してしまい、強度が弱くなってしまいます。

その斜面を豪雨などの時は川や滝のように雨水が流れますので、防水が甘いと雨漏りのリスクは膨れます。

このような凸部の場所も付け根が弱いです。

豪雨の時にその一番弱い立ち上がりの部分L字の角に雨が物凄い勢いで当たるとそこから一気に染み込むという場合もあります。

斜面も凸部もそうですが、どれだけ防水をしっかりしているかが肝心です。

そして、始末が悪いのがその直下の部屋が被害を被るのではなくて、そこから1階下に水が回る場合があります。

タイルとコンクリートの隙間を雨水が侵入します。

しかし、その直下にコンクリートにクラックや破損部分がなく、タイルとコンクリートの隙間がその階下まで、もしつづいていて、そこにクラックや破損部分があればそこから水が侵入します。

タイルとコンクリートの隙間でタイルの側に大きな破損があればそこから水が外に流れる場合もあります。

そうすると外壁の破損が起こります。

どうしても、気に入った物件で少し歪な形をしているであれば、借りる前に大規模修繕をしているかを確認した方が良いです。

割と最近であれば、雨漏りのリスクは殆どないでしょう。

部屋の場合

まず赤の印の外側が特に斜めに壁がついていますがその付け根部分

次にこのベランダやバルコニーに屋根となる部分なかったら、外壁の立ち上がりの付けから雨水が侵入します。

いずれも豪雨の時と考えていいでしょう。

気象の変化

今までのこのような建物でも、雨漏りはあまりなかったと聴きました。

昨今そういった少し変わった見栄えの建物に雨漏りが増えているのは、明らかに集中豪雨が頻繁に降るようになってから業者方に聴きました。

こういった建物は構造上問題がありません。しかし、豪雨が頻繁に降るようになって想定外の事態が起きているとのことです。

しかし、キチンとした防水を行うことで雨漏りのリスクは格段に減るのです。

借りる方は、大規模修繕を最後に行ったのはいつか?ということは必ず尋ねましょう。

雨漏りリスクの小さい建物

こういった階段状の普通の建物が一番雨漏りには強いそうです。

外観が奇抜な建物は、修繕の場合足場なども設置しにくく、また防水処理の作業ができない場所

あるそうです。

普通の形の建物が一番無難で心配がないということです。

最後に

先にも書きましたが、気象の変化により、従来では雨漏りの心配がなかった建物に雨漏りが出たりしています。

また、雨漏りの原因の一番の原因は手抜き工事だそうです。

例えば

3回処理を行うところを、2回や1回の処理で終わらせていると言う物件が多いそうです。

工事現場に行って3回塗るのを見ているわけにもいきません、キチンとやる業者を選定するのが経営する側の責任かと思います。

まとめ
  • なるべく普通の形の建物住む、斜面より階段状の建物が安全
  • 部屋はなるべく斜めの線が無い部屋にする
  • 大規模修繕をいつおこなったを必ず訪ねる
  • 気象条件の変化で大丈夫だったことが、大丈夫でなくなってきている。
  • 普通の見栄えの建物を選ぶ

-トラブル, 家を買う時, 部屋を借りる
-, ,

Copyright© 賃貸住宅も!新築住宅も!失敗しない部屋選び! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.